工藝舎

お知らせ

パリ展示会公募のお知らせ

ニッポンの伝統工芸から創出される

ニュー・ノーマルな新たな世界感

伝統とは何か

革新とは何か

伝統と技術と社会の間には円環論的な

関係が構築され、異なる2つの方向から

相互にインパクトを与え合っています。

一つの方向は、伝統が新しい技術を生み、

それが社会へのインパクトとなって社会

の変貌を促します。もう一つの方向は、

逆に社会のニーズが新しい技術の開発を

促し、その継続が伝統への期待となりま

す。この二つの方向の相関関係により互

いが原因と結果を繰り返し、伝統技術も

発展していくと考えます。

工芸アート公募展

【概要】

工藝舎は、フランス・パリの展示販売に

先立ち、日本の伝統工芸の技から生み出

される若手工芸家及び陶芸を中心とした

現代アート作家の作品公募展を実施します。

【テーマ】

ニッポンの伝統工芸から創出される

ニューノーマルな新たな世界感

【目的】

本公募展はニュー・ノーマルな時代を見据

え、日本の伝統工芸の技術の新たな可能性

を追求する、若手工芸作家及び現代アート

作家の作品をとおして、日本の伝統技術か

ら創出される日本らしい造形美をフランス

パリから広く伝えるのが目的です。

【展示販売期間】

2021年

11月6日~11月15日

【会場】

Discover Japan paris

 

【応募概要】

日本の伝統工芸の技術を活用した作品。

〇1人2点まで応募できます。

〇選考後に現地空輸できる作品に限る。

〇立体作品は幅+奥行+高さの合計が

 120cm、5kg以内。

〇陶磁器ガラス染色木工等工芸一般

【募集期間】

2021年

7月1日(月)~9月4日(土)必着

パリ展示プログラム

〇ニュー・ノーマルな工芸アート公募展

 公募による若手作家のチャレンジを

 サポート。フランスの人々の暮らしに

 マッチする工芸作品の展示販売。

〇現代作家による、伝統と革新

 伝統技法から創出されたパネルアート

 (陶板・ガラス板)の世界を表現。

〇日本における伝統美を追求する

 日本の伝統工芸の粋をオンラインで紹介

Instagram

Facebook

合同会社 工藝舎

奈良オフィス
〒630-8241 奈良市高天町45-5

東京オフィス
〒630-8241 東京都中央区築地2-14-2
セリコ東銀座ビル7F