志知希美 加賀指貫展

【志知希美 加賀指貫展】

2019年7月19日(金)〜23日(火)
【在廊日】7月20日、21日、23日

加賀ゆびぬきをメインとしたアクセサリーブランド・thread jewelry Ricca を主宰する志知さん。
そのはじめての個展を開催します。

「加賀ゆびぬき」は、金沢のお針子たち(着物の縫い子や加賀繍の職人)が余った絹糸・紙・真綿を使って、裁縫道具である「ゆびぬき」を自作したことがはじまり。
その成り立ちから、よりかわいく、美しく・・・と、女性たちが工夫を重ね、さまざまデザインを楽しんでいた姿が想像できます。
加賀ゆびぬきをアクセサリーとして仕立てた作品のほか、シルクリボンを使った軽やかなピアスなどが並びます。

手芸と工芸のテクニックにより糸の魅力を引き出した、色とりどりのアクセサリーをお楽しみください。

 

— solo exhibition 「Prism」 光をあつめて虹をつくる「プリズム」。
結んだ色は、当たり前の日常が、沢山の色彩にあふれていることを教えてくれます。
今回の展示では、光の粒をイメージした透明なオブジェとthread jewelry Riccaの作品(色とりどりのシルクの糸やリボンを、結び、かがり、重ねることで作られるアクセサリー)を散りばめるように展示します。
プリズムがつくる色彩の粒のようなアクセサリーが、誰かの日々を豊かに彩りますように。

志知希美
金沢美術工芸大学 視覚デザイン専攻卒業、京都市立芸術大学大学院 染織専攻修了。
手芸道具メーカーに勤務しながら、工芸の産地を尋ねた「工芸の旅」で出会ったのは、大学時代を過ごした金沢の「加賀ゆびぬき」だった。
以降、手芸や工芸のテクニックをベースとした thread jewelry = 宝石のような糸のアクセサリー を制作している。
加賀ゆびぬきは桂富美子氏に師事。

期間:2019年7月19日(金)〜23日(火)
時間:12:00~18:00
会場:工藝舎GALLERY&STORE
630-8241 奈良市高天町45-5
アクセス:
近鉄奈良駅下車、6番出口からやすらぎの道を南へ
福住ハウジングとみずほ証券の間の路地を東へ
お問合せ:090‐1898‐3149

関連記事