富永一真 個展

【富永一真 個展】

2019年5月3日(金)~7日(火)
【在廊日】5月3日、4日

"自分の作品が誰かの生活の一部になり、特別な感覚のひんとになれば幸いです"

吹きガラスで生み出される富永さんの作品は、透き通る透明ガラスの器から、一目見ただけではガラスと思えぬような温かみのある作品、そして、その作品を手に取る相手への想いを込めて作られています。

日常使いにお勧めな器から、少し個性的な作品まで。
吹きガラスならではの息吹を感じ、これから初夏を迎える奈良の地で、ひんやりと心地よいガラスに触れてみませんか。

富永 一真
1987年大阪生まれ。
2010年大阪芸術大学芸術学部工芸学科ガラス コース卒業。
2012年大阪芸術大学短期大学部非常勤副手ののち、金沢卯 辰山工芸工房入所。
日本クラフト展入選。
伊丹国際クラフト酒器展入選。
金沢市工芸展北陸放送社長賞受賞。

期間:2019年5月3日(金)~7日(火)
時間:12:00~18:00
会場:工藝舎GALLERY&STORE
630-8241 奈良市高天町45-5
アクセス:
近鉄奈良駅下車、6番出口からやすらぎの道を南へ
福住ハウジングとみずほ証券の間の路地を東へ
お問合せ:090‐1898‐3149

関連記事